部門紹介

ホーム ≫ 部門紹介 ≫ 看護部

看護部

安全で安心な治療環境と
患者さんの思いに寄り添った看護の提供を目標としています。

認知症治療病棟、精神科治療病棟、精神科療養病棟と機能分化された中で多職種と協働し、チーム医療を提供しております。一人ひとりの患者さんが外来から入院そして地域で、その人らしい生活を送られるよう支援しています。

看護部長あいさつ

こころの医療たいようの丘ホスピタルは岡山県北西部地域にあり、水と緑の美しい自然環境に囲まれています。

当院は240床を有し、高梁・新見・総社地域の精神科中核病院として、入院時から退院後の生活までを考え、医療・看護に取り組んでいます。
また、地域公開講座や出前講座の開催、地域イベントへの参加等と地域の方々との交流の機会を積極的に設けています。

こころのこもった看護を提供することを理念に、患者さんの人権を尊重し、どのようにすればこころのこもった看護が実現できるかを考えながら、寄り添う看護を目指しています。

看護部長 田中 茂登美

理念と基本方針

私たちは患者さん一人ひとりを大切に想い、こころのこもった看護を提供します。

地域と連携し、地域の方々に親しまれ、信頼される看護を目指します。

目標

1看護の質をの向上を図ります
 1) 一人ひとりの患者さんへの理解を深め、個別性を重視した看護ケアを提供します
 2) より良い看護を提供するために、積極的に研修に取り組み、専門職として必要な知識や技術の習得に努めます
 3) 外来、入院、リハビリテーション、在宅とその時期に応じた看護を提供します

2安全な環境を提供し、患者さんの安全を守ります
 1) 接遇に配慮し、患者さんの立場を尊重した看護実践に努めます
 2) 療養環境を整備し、事故防止に努めます

院内教育

たいようの丘ホスピタルは常に患者様のための医療提供を最優先に考えています。

認知症治療病棟、精神科治療病棟、精神科療養病棟、外来部門で精神科急性期の方から慢性期医療、病気から回復され社会復帰へ向かう方まで、すべての人々の健康で快適な生活維持に役立てるように取組んでいます。

このような多方面の医療を支えるために、院内教育、キャリアアップのための研修も用意され人材育成に努力しています。

精神科医療は大きな変革の時代に入っています。精神疾患、精神障害への認知の有り方もずいぶんと変わってきました。特別なものととらえられてきた時代から、誰もが罹りうる病気としてとらえられるようになり自分自身の問題として考えるようになりました。

看護は、人と人との心のつながりの上に成り立っている仕事ですが、精神科看護は特に人とのかかわりが治療です。

ねらい

看護部の理念に基づき看護観の確立をし、個別性のある看護を提供するために看護の質と専門性を高める。

教育目標

1.看護職員として必要な基本的知識・技術、態度を修得することができる。
2.種々の研修を通して自己研磨を作り、自己成長することができる。
3.社会人としてのマナーの習得ができる。

プログラム
院内教育 看護教育委員会が中心に計画・実施
院外教育 日本看護協会・日本精神科看護協会・病院協会等々が主催する研修会に積極的に参加
新人教育 他部署と合同で新人オリエンテーション等の研修会を計画・実施
新卒者研修 身体科を有する他の病院との新人合同研修への参加
中途入職研修 職員ハンドブック等を利用して適宜実施
学生臨地実習 臨地実習指導者は、学生指導の実習計画・教育指導方針の計画・実施

奨学金制度

当院では、看護師を目指して勉強されている方を対象に、奨学金制度を実施しています。 奨学金の支給は、看護学校合格・入学決定後になりますが、看護学校を目指している高校生の方、また、現在、看護学校に在学中の方の応募も歓迎します。奨学金制度の概要は次の通りです。

看護学生制度の概要

看護学校(大学・短期大学・専門学校)に通学中、または入学見込の方が対象です。
在学期間中、月額50,000円を支給いたします。当院に就職された方は返還免除となります。


診療のご案内

診療科目
精神科・神経科・心療内科
診療時間

午前 9:30~12:00
午後 1:00~4:30

【休診日】
金曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

外来担当表

外来のご予約・ご相談・お問い合わせはこちら 0866-22-2217

〒716-0061
岡山県高梁市落合町阿部2200番地
≫地図を見る

上へ

  • 新見
    クリニック総社
    看護部長のつぶやき
  • 高梁EAPセンター


  • 地域公開講座
    院内研修会
    指定障害福祉サービス事業所 たいようの丘

下へ