トピックス

ホーム ≫ トピックス ≫ 看護部 参与【令和2年7月のつぶやき】

看護部 参与【令和2年7月のつぶやき】

~2020東京オリンピックに寄せて~

1964年
(昭和39年)1010日(土)アジア初のオリンピックとなった東京オリンピック!私17歳!
それは戦争による開催返上等、様々な苦労を乗り越えてたどり着いたものだと聞いています。


そして、今回、東京2020オリンピックは新型コロナウイルスのパンデミックで1年の延期、そして中止か開催かの議論の中での大きな困難の中で開催されました。

開会式の選手の入場行進前のパフォーマンスは、約40分間に短縮される一方で、コロナ渦と闘い続けたアスリートの努力を称えたものでした。開会式でのドローンでのパフォーマンス、ピクトグラム素敵でした。ブルーインパルスもですが、全てにチームワークの素晴らしさの成すものだと感動の一つ一つでした。


開催の答えを出すには、人それぞれにあったかと思います。出来る限り多くの知恵、アイデア、発想が必要になります。何かを成し遂げるには、多くの人たちがそれぞれの立場で議論し、どうすれば上手くいくか?どうすれば目的が達成できるか?それをどう実行していくか?

医療・看護の現場においても同じことだと考えます。
「こころの医療 たいようの丘ホスピタル」の目標達成のために何が出来るか!素晴らしいチームワークを発揮しようではありませんか?

2020東京オリンピック!目標にしてきた全てのアスリートの方々がそれぞれの国を代表して、そして個人の力を全て発揮できるよう応援したいと思います。

診療のご案内

診療科目
精神科・神経科・心療内科
診療時間

午前 9:30~12:00
午後 1:00~4:30

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

外来担当表

外来のご予約・ご相談・お問い合わせはこちら 0866-22-2217

〒716-0061
岡山県高梁市落合町阿部2200番地
≫地図を見る

上へ

  • 新見
    高梁EAPセンター
    看護部長のつぶやき
  • 地域公開講座
    院内研修会
    指定障害福祉サービス事業所 たいようの丘

下へ