トピックス

ホーム ≫ トピックス ≫ 【令和3年8月のつぶやき】

【令和3年8月のつぶやき】

朝夕に気が付けば、足元にセミの躯があおむけになっています。


夏も終わり、季節は秋を迎えようとしています。あれほどうるさかったセミの大合唱も次第に小さくなり、セミの声も小さくなりました。


セミの命は短く、ひと夏の一週間と言われています。ただ、幼虫の間は、どうしてか分からないけれど、土の中で7年間も過ごして成虫になって地上に出てからの命が一週間だそうです。なんと短いことか・・・と思うのは人間の尺度かも?出てきたら命がなくなるということが分かっているのに何のために出てくるのか?次の世代を残すためだけの目的で、雄は大声で鳴いて雌を呼び、雌は産卵して繁殖行動が終われば生きる役目はなくなりセミの体は死を迎えるようになっているとか・・・なんと潔いことか・・・1947年生まれの私、潔さがあるだろうか・・・?


木に捕まる力を失ったセミは地面に落ち、飛ぶ力がなくなったセミはただひっくり返っていることだけ。つくづくとわずかに動く力が残っているセミを人に踏まれないようにそっと木の根元に移してやりました。

診療のご案内

診療科目
精神科・神経科・心療内科
診療時間

午前 9:30~12:00
午後 1:00~4:30

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

外来担当表

外来のご予約・ご相談・お問い合わせはこちら 0866-22-2217

〒716-0061
岡山県高梁市落合町阿部2200番地
≫地図を見る

上へ

  • 新見
    高梁EAPセンター
    看護部長のつぶやき
  • 地域公開講座
    院内研修会
    指定障害福祉サービス事業所 たいようの丘

下へ